使い放題!Coolqoo(クールクー) 口コミ

詳細はコチラ






【 ウォーターサーバーって不衛生? 】


従来のウォーターサーバーのお水はどうやって作れているのでしょうか?

大規模プラント施設(工場)にて製造

お馴染みの青いボトルに詰め

在庫として保管

代理店へ輸送

代理店で保管

消費者へ輸送

サーバーに設置

飲む

お水が作られてから消費者の口に入るまで、
数ヶ月経過することも珍しくありません。

そこでご提案です!

飲む直前にろ過する全く新しい発送のウォーターサーバーが登場!
飲む前にろ過するから鮮度抜群!
新鮮なピュアウォーターがいつでも手軽にお飲み頂けます!

料金定額飲み放題!
ノンボトル・次世代ウォーターサーバー「CoolQoo(クール・クー)」

詳細はコチラ



【 知らないと注意!!大事な赤ちゃんに適していない・・・ 】


妊娠をすると、大切な赤ちゃんに栄養を運んだり、
妊婦さん自身の血液量が増えたり、体調管理って重要ですよね?

そんな妊婦さんにとって、
知っておくべき水と体の関係性を解説します。

・まず、水分補給がもっとも大切

妊娠期や出産後は食べ物に気を使うように、
水にも気を使うことはとても大切です。

また、こまめに水を飲むことは、
むくみや便秘の予防になります。

「トイレの回数が増えるから」
「むくむから」と言って水分を控えるのは逆効果です。

妊娠中の健康維持と、
おなかの赤ちゃんの健やかな発育のためにも、
適度な水分補給を心がけましょう。

・1日の水の適量

では、一体1日の水の摂取量の目安はどれくらいなのか?

食物からの水分も含めて一日2~2.5Lが理想とされています。

体調に合わせて、
妊娠初期から調節しながら摂取することを心がけましょう。

冷たい水の一気飲み、硬度の高すぎる水は内臓の負担になりやすく、
体調と相談しながら常温の水をこまめに摂るようにしましょう。

・むくみ解消

妊婦さんがむくみやすい理由は血液量が増えるため。

おなかの赤ちゃんが成長するにつれて血液量は増えていき、
妊娠30週には妊娠前の1.4倍になるといわれています。

妊娠中に水を飲むと、
浮腫むので控えた方がいい思っている方もいますが、
実は誤解です。

逆に水分が不足すると羊水や
母乳の量が減る可能性もあります。

羊水が少ないと赤ちゃんが直接子宮に当たるなど
悪影響もおこりえます。

必ず適度な水分補給を心掛けましょう。

・便秘予防と解消

便秘を解消するならミネラル分が豊富な硬水がおすすめ。

ただし硬水は癖があり飲みにくいと感じることが多く、
飲みすぎると胃腸障害(下痢など)になる可能性も否定できません。

飲みやすい軟水と併用して飲むのが良いでしょう。

適量の水とマグネシウムは便を
硬くならないようにする整腸作用があります。

バランスよく摂ることで
便秘の予防と解消につながります。

・アトピーとの関係

妊娠中にジュースなど清涼飲料水を
たくさん飲んでいたお母さんから生まれた赤ちゃんは、
アトピー性皮膚炎になりやすい傾向があると言われています。

水道水の水には塩素が含まれていますが、
これがアトピー性皮膚炎やぜんそくを
生み出す原因の1つとも言われており、
水道水を飲むことを控えている妊婦さんも増えてきています。

ほかにも野菜を水道水で洗えば、
塩素によってビタミンCが破壊されてビタミンC不足になります。

対策として妊婦さんにおすすめの水は
ノンボトル・次世代ウォーターサーバー「Cool Qoo(クール・クー)」です!!
詳細はコチラ



赤ちゃんはおなかの中で羊水の水も飲んでいるので、
安心して飲める水を選ぶことが大切です。

水の中に体へ影響を及ぼすようなものが入っていると、
羊水の質に関わります。

水道水は厳しい基準をクリアした安全な水と言われていますが、
場合によっては赤ちゃんがアトピーなどのアレルギーを発症する
可能性もあるので、水道水はなるべく避けた方が良いでしょう。

妊娠期の水は天然水やミネラルを添加したRO水がおすすめ。

適度なミネラルは腸を刺激し活性化させるので、
便秘の改善が期待できます。

同じ水でもそれぞれミネラル分の含有量は違うので、
普段不足しがちな成分を各成分の含有量と比べながら
水を選ぶと良いでしょう。

元気な赤ちゃんを産むなら
ノンボトル・次世代ウォーターサーバー「Cool Qoo(クール・クー)」
がオススメです!

今なら初期設置費用が無料になるキャンペーンも開催中です。


詳細はコチラ


<関連サイト>


水素水サーバー【ルルド】断然お得な購入はコチラ

クリティア 口コミと申し込みはコチラ

コメントの一覧

まだコメントはありません。

コメントを投稿