脳卒中片麻痺の手を動かすための6ヶ月リハビリプログラム

詳細はコチラ



脳卒中片麻痺の手の機能を改善するための、最先端で戦略的なリハビリプログラムを、ご自宅での自主トレーニングにて実現するための方法を解説したテキストです。

臨床経験25年以上の米国留学経験を持つ理学療法士が、大学病院での研究や地域医療現場での研究を経て完成させた、本物のリハビリテーションテキストです。

テキストの解説に従って毎日の運動を習慣的に行うことで、脳卒中片麻痺の手の機能を改善するための先端的なリハビリプログラムを自然と実施することが可能になります。

テキストを実行するために、アマゾンなどで購入可能な簡単なの医療機器の購入が必要になります。 主な機器は23,000円の超音波治療器と10,000の低周波治療器と3,000円前後のマッサージ機が必要です。

詳細はコチラ

テキストに従って毎日運動するだけで戦略的リハビリが可能になります!

病院での急性期リハビリテーションは、点滴を打って、適当な日常生活訓練をしていれば自然と麻痺が回復していました。

しかし在宅での慢性期のリハビリテーションは、もっと科学的かつ戦略的に行わなければなりません。

その内容は以下のようなものになります。

手足の筋肉のコンディショニングを行って筋機能の改善や痛みのケアを行います。

関節の拘縮を丹念に改善していきます。

自律神経系の調整を行い全身の筋緊張を整えます。

大脳基底核と視床による運動コントロール機能の改善を行い、運動リズムやギクシャクした動作を改善します。

大脳皮質運動野での運動コントロール機能の改善を行い、力んで緊張した動作を改善します。

麻痺を改善するための神経促通運動を行います。

詳細はコチラ

コメントの一覧

まだコメントはありません。

コメントを投稿